運動してテンションを上げる

軽く運動してテンションを上げる方法とは!?

軽く運動してテンションを上げる方法とは
どんなことなのでしょうか?

 

 

どうしてもテンションを上げたいとき、色々
試してみて良かった方法です。

 

 

好きな音楽を聴きながら、軽い運動をする。

 

 

そんな簡単なことで?と思われるかもしれませんが、
これが結構効くんです。

 

 

家の中でなら、コンポから好きな曲を流して
軽いエクササイズやストレッチなど。

 

 

家の外でなら、スマートフォンや携帯音楽プレイヤーで
音楽を聴きながらウォーキング、もしくは
軽ーくランニング。

 

 

時間としては、10分から15分くらいが丁度
疲れすぎなくテンションも上がる頃合いです。

 

 

楽曲で言うと、3曲くらいがベストですかね。

 

 

普段から聴いていて、好きだなとか、勝手に
ノってしまうなとか感じるややアップテンポな曲だと、
とくに上がりやすいですね。

 

 

コツとしては、色々細かく考えすぎず、とにかく
音楽にノって楽しみながら運動することです。

 

 

音楽を楽しむことと体を動かすことが出来れば、
上記に挙げた運動でなくても、例えば掃除機かけたり
皿を洗ったりといった家事でも効果はあります。

 

 

楽しい!と思いながら体を動かすことで、
血流が良くなって適度に心拍数が上がり、
文字通りテンションが上がるんです。

 

 

ちょっと元気がないなとか、へこむことがあった日とかに、
簡単に出来る気分転換ですのでいかがでしょう?

 

自分へのご褒美を用意する

 

社会に出ると、やりたくない仕事でも
やり遂げることが求められます。

 

 

そこが学生時代との大きな違いですよね。

 

 

とはいえ、自分の苦手な分野や、興味を
持たない分野の仕事をするのは至難の業です。

 

 

そんなときは、自分へのご褒美を
用意しておくといいでしょう。

 

 

いわゆる「馬のにんじん作戦」です。

 

 

たとえば「この仕事が終わったら美味しい
お菓子を食べよう」と決めておくと、おのずから
テンションアップにもつながります。

 

 

インターネットは便利なツールですが、
誘惑に負けそうな人にとっては最悪の
環境ともいえます。

 

 

手軽にネットサーフィンできる環境が
マイナスに働くからです。

 

 

もちろん、最新情報に触れておく必要もあるため、
無駄な行為とはいえませんね。

 

 

しかし、それがネットサーフィンの時間が多くなると、
現実逃避しているだけです。

 

 

特に、在宅で仕事をする場合は、
自己管理が必要になります。

 

 

仕事をするときは、とにかく
集中することが大事です。

 

 

そのうえで、仕事を終えたときに食べる
お菓子を楽しみにしておきましょう。

 

 

なお、インターネットへの接続が制限される
職場では、私用に使わないことが大事です。

 

人を笑顔にするとテンションが上がる

 

誰かの笑顔を見るのが好きで人を笑顔にすると
テンションが上がります。

 

 

誰でもということではないけれど初対面の人でも
楽しく話しているとテンションが上がりますよ。

 

 

もちろん友人と話しているとたわいもないことを
話していてもテンションが上がります。

 

 

私はとても単純にできているのです。

 

 

ひとりテレビ鑑賞をして、たとえばお笑い番組を
見ているときなぜかテンションが上がりません。

 

 

お笑い番組を見ていて楽しいはずなのに、
好きな芸人さんがおもしろいネタをしていると
笑っちゃいますがテンションが上がるという感じとは
少し違うんですよね・・・。

 

 

笑うこととテンションが上がることって
一緒じゃないと思うのです。

 

 

テンションが上がるということは、心の底から
楽しいとか口では言えない不思議な感情が
ムクムクとこみ上げてくる感じ・・・。

 

 

ちょっと不思議な感じで、テンションが上がっているときは
プラス思考になっていますし覚醒した状態になっています。

 

 

おもしろいですね。

 

気持ちを切り替えたい時こそ上を向く

 

上を向いて深呼吸することです。気持ちが前を
向くような感覚が得られるので詰まった時は
意識的にするようにしています。

 

 

私自身、嫌なことや悲しいことがあると無意識に
下を向くことに気が付きました。

 

 

マイナス的な感情だけでなく、考え事をしている時も
下を向くことが多いです。

 

 

下を向いていることに気が付いたきっかけは
靴の汚れです。

 

 

普段好んで白いスニーカーを良く履いています。

 

 

いつもならばそんなに気にならないのですが、
白いスニーカーの汚れがやたら目に入る時が
あります。

 

 

そういった時は主人との会話の中でスニーカーに
ついての話題が多くなります。

 

 

悩みや気分の落ち込みがある時とスニーカーの話が
セットになることが多いことで下を向く傾向にあると
知りました。

 

 

辛い時こそ上を向いた方がいいという言葉は
良く耳にします。

 

 

実際に上を向いてみると、始めは大きく息を
吸い込みにくいことを知りました。

 

 

ですが少し落ち着いて慣れてくると大きく
吸い込めるようになり、深呼吸をする度に
肺に空気が入ってくるのが分かります。

 

 

しっかりと上を向いて深呼吸するとすっきりしたような、
気持ちが晴れるような気分になります。

 

 

なので私はスニーカーの汚れが気になる時ほど
上を向いて深呼吸するようにしています。

 

気持ちを切り替えたいと思った時にぜひおすすめです。